通信販売

下記の商品は通信販売でもお求めいただけます。※販売価格は全て税込みです。

購入フォーム
透鐔 キーホルダー(全13種)
販売価格:各600円

全13種
ご注文の際には、番号と鐔の名称をご指定ください。

①【 沢瀉透鐔 】
②【 雪輪花武田菱透鐔 】
③【 車透鐔 】
④【 鶴雀透鐔 】
⑤【 橋に千鳥透鐔 】
⑥【 鶯宿梅透鐔 】
⑦【 茗荷蔦透鐔 】
⑧【 武蔵野透鐔 】
⑨【 雪輪傘透鐔 】
⑩【 松樹透鐔 】
⑪【 鶴丸透鐔 】
⑫【 四方猪目透鐔 】
⑬【 おださ透鐔 】

佐野美術館所蔵・寄託などの透鐔がキーホルダーになりました。
やさしい木目調で、カバンなどに着けても気にならないほど軽量、木材チップを蒸煮したものに合成樹脂を加えて形成しています。
サイズは鐔直径4cm、重さ約8g

※同デザイン(鶴丸透鐔・鶯宿梅透鐔・雪輪傘透鐔の3種)のイヤリング・ピアスは、店舗のみでの販売です。








送料:100円(ポスト投函)
※代引き(宅配便のみ)の場合は変更します。
※複数の商品を注文される場合は、宅配便となる場合もあります。ご注文の返信メールにて送料をお知らせします。
※ご注文の返信は自動返信ではないため、数日お時間をいただく場合があります。ご注文から1週間返信が無い場合は、お電話ください(佐野美術館 055-975-7278 木曜休 10時~17時)。

デザインの元となった作品について
■沢瀉透鐔 室町時代 個人蔵 ―水草の沢瀉(おもだか)を意匠化している。古正阿弥
■雪輪花武田菱透鐔 室町時代 佐野美術館蔵 ―戦国大名の武田家の家紋である四割り菱の間に、雪輪が花文のような透かしとなっている
■車透鐔 室町時代 佐野美術館蔵
■鶴雀透鐔 江戸時代 個人蔵 ―雀の群れと瀟洒な鶴とを配した京透かし
■橋に千鳥透鐔 江戸時代 個人蔵 ―京都五条の橋であろうか、鴨川に川舟一艘、千鳥が遊ぶ。京透かし
■鶯宿梅透鐔 江戸時代 個人蔵
■茗荷蔦透鐔 江戸時代 佐野美術館蔵 ―茗荷(みょうが)は「冥加」に通じ邪気をはらうとされる。尾張
■武蔵野透鐔 江戸時代 個人蔵 ―武蔵野透は赤坂鐔の最も得意とする図柄とされる
■雪輪傘透鐔 江戸時代 佐野美術館蔵
■松樹透鐔 江戸時代 佐野美術館蔵 ―三蓋松を図案化している。肥後で活躍した林派の作
■鶴丸透鐔 江戸時代 佐野美術館蔵 ―鶴が羽を広げ舞う姿を図案化した鶴丸紋
■四方猪目透鐔 江戸時代 個人蔵
■おださ透鐔 江戸時代 個人蔵 ―井伊家に伝来した「名物 織田左文字」の鐔。幕末期の当主直亮が「おだ左」と自ら書き透かし彫りさせた