年間スケジュール(2022年度)

令和4年4月23日(土)~令和4年6月26日(日)

© Mitsuaki Iwago

写真展「岩合光昭の世界ネコ歩き2」

NHK BSプレミアムで放送中の人気番組「岩合光昭の世界ネコ歩き」の写真展を開催します。ブラジル・リオデジャネイロ南東部のコパカバーナビーチでモテモテの人気ネコ「シキンニョ」や全米最大の都市ニューヨークのピザ屋の看板ネコ「ホワイトスライス」など、世界60ヶ所以上の撮影地から厳選した16地域の個性溢れるネコたちの作品を紹介します。番組ファンはもちろん、ファンならずとも楽しめる“イワゴーネコワールド”をぜひお楽しみください。


ネコはヒトと共に生きています。「いい子だね」とカメラを向けるとき大切にしていることは、ネコを愛する気持ちです。その思いを察するのか、特別な贈り物のようなしぐさを見せてくれるネコたちに、愛は深まるばかりです。― 岩合光昭

 



入 館 料 一般・大学生1,100円 小・中・高校生550円
※土曜日、5月5日(木・祝)は小中学生無料
※15名以上の団体は各2割引
令和4年7月2日(土)~令和4年8月28日(日)

© Hiroshi Abe

あべ弘士の絵本と美術
―動物たちの魂の鼓動―

旭山動物園の飼育員として25年間勤務した経歴を持つ、絵本作家・あべ弘士。動物たちに宿る野生の本能を見つめ共に生きた経験が、あべの描く物語に今も息づいています。
生まれ育った北海道の大自然や文化をテーマとした作品をはじめ、近年では北極や南米への取材旅行を精力的に行い、鮮やかな色彩で動物たちの命の物語を発表し続けています。
嵐の夜、暗闇の中でヤギと天敵であるオオカミが互いを誰か知らずに出会い、その正体を知った後も友情を育んでいく代表作『あらしのよるに』(作:木村裕一)をはじめ、人気の「ライオンの〇〇ないちにち」シリーズなど、今年創作活動33年目を迎えたあべの絵本原画を中心に、その足跡を紹介します。

「あべ弘士の絵本と美術―動物たちの魂の鼓動―」は写真撮影できません。展示室等での撮影をご遠慮くださいますようお願いいたします。
※1階ロビーに写真撮影可能な「フォトスポット」があります

★新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、事前に「ご来館のみなさまへのお願い」をご確認の上ご来館いただきますようお願いいたします。



入 館 料 一般・大学生1,100円 小・中・高校生550円
※8月1日(月)は入館無料(創立者・佐野隆一翁生誕日)
※土曜日は小中学生無料
※15名以上の団体は各2割引
※8月21日(日)は1割引(県民の日)
令和4年9月3日(土)~令和4年10月23日(日)

小原古邨 海をこえた花鳥の世界
―原安三郎コレクションを中心に

にわか雨に佇む白鷺、雫に濡れた葉蔭の雀、陽ざしのなかに舞う蝶 ― 自然とともにいきる鳥や虫たちの姿が、深く心に刻まれます。

小原古邨(おはら こそん)(1877~1945)は金沢に生まれ、鈴木華邨(すずき かそん)に日本画を学び、のちに木版画を手掛けました。古邨は、生きものの姿かたちを細やかにとらえ、余白に湿潤な大気をも感じさせる、日本画としての自然描写に徹しました。原画の趣(おもむき)は浮世絵伝統の精緻な彫(ほり)や摺(すり)の技で見事に息づき、欧米で高く評価されました。

古邨亡き後、その名を知る人は少なくなりましたが、近年公開された、原安三郎(はら やすさぶろう)旧蔵の古邨版画250余点は、画業を顕彰する新たな光となりました。

このたび、同コレクションや小原家所蔵の名品に、師・鈴木華邨の絵画等を合わせた約100点を紹介します。欧米で愛された、繊細で色彩豊かな古邨の花鳥画をお楽しみください。

★新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、事前に「ご来館のみなさまへのお願い」をご確認の上ご来館いただきますようお願いいたします。



入 館 料 一般・大学生1,100円 小・中・高校生550円
※9月19日(月・祝)敬老の日は65歳以上無料
※土曜日は小中学生無料
※15名以上の団体は各2割引
令和4年10月29日(土)~令和4年12月18日(日)

歌川国芳
《和漢凖源氏 よこ笛 牛若丸》
浅井コレクション

「鎌倉殿」と武将たち―浮世絵版画・浅井コレクションの名品
歌川国芳から月岡芳年まで

平安時代末から鎌倉時代初めにかけて、源頼朝・義経や忠臣の活躍、北条氏の隆盛を浮世絵版画でたどります。3万点余の浅井コレクションより、国芳や芳年など幕末明治の絵師の作から厳選した約100点を「鎌倉殿」ゆかりの地で初めて公開します。

★新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、事前に「ご来館のみなさまへのお願い」をご確認の上ご来館いただきますようお願いいたします。



入 館 料 一般・大学生1,100円 小・中・高校生550円
※土曜日は小中学生無料
※15名以上の団体は各2割引
令和5年1月7日(土)~令和5年2月12日(日)

重要文化財 刀 金象嵌銘 備前国兼光/本阿弥(花押)
〈名物 大兼光〉 徳川将軍家伝来
南北朝時代 佐野美術館蔵

乱世を駆け抜けた名刀
―戦国の動乱から徳川の時代へ―

刀剣は優れた武器であると同時に、武家文化の象徴です。鎌倉幕府滅亡から約三百年、幾多の戦乱を繰り返しついに実現された太平の世、江戸時代。この間、刀剣は時代の要請に姿を変え作り続けられてきました。現代にまで伝わる名刀の数々を紹介します。

★新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、事前に「ご来館のみなさまへのお願い」をご確認の上ご来館いただきますようお願いいたします。



入 館 料 一般・大学生1,100円 小・中・高校生550円
※土曜日は小中学生無料
※15名以上の団体は各2割引
令和5年2月18日(土)~令和5年4月2日(日)

伝原舟月作 古今雛 江戸時代
佐野美術館蔵

佐野美術館でひな祭り

涼やかな目許が魅力の享保雛、名工原舟月(はら しゅうげつ)作と言われる古今雛、豪奢な御殿飾り、八丁堀名物極小雛飾りなど、佐野美術館所蔵・寄託の雛人形たちが一堂に会します。うららかな春の日、ぜひ佐野美術館で雛祭りをお楽しみください。

★新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、事前に「ご来館のみなさまへのお願い」をご確認の上ご来館いただきますようお願いいたします。



入 館 料 一般・大学生1,100円 小・中・高校生550円
※土曜日は小中学生無料
※15名以上の団体は各2割引