年間スケジュール(2020年度)

令和2年4月11日(土)~令和2年8月30日(日)

ウェスタールンド2  NASA, ESA, the Hubble Heritage Team (STScI/AURA), A. Nota (ESA/STScI), and the Westerlund 2 Science Team

写真展「138億光年 宇宙の旅」

―驚異の美しさで迫る宇宙観測のフロンティア―

本展では、NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星探査機や観測衛星、宇宙望遠鏡などがとらえた画像の膨大なアーカイブから、美しく壮大な天体写真を選りすぐってご紹介します。私たちの太陽系から、銀河系内の星雲や星団、そしてさらにその先にある無数の銀河や銀河団など、多様な天体の驚異的な姿を大型の高品位銀塩写真プリントでご覧いただきます。
併せて、すばる望遠鏡、アルマ望遠鏡など国立天文台関連の大型望遠鏡による観測成果の一部を美しい画像によりコーナー展示します。
サイエンスでありながらアートのごとく見る者を魅了する画像の数々により、宇宙の謎や神秘を紐解く人間の英知や科学技術発展の素晴らしさをご体感ください。



入 館 料 一般・大学生1,100円  小・中・高校生550円
※8月1日(土)創立者・佐野隆一翁生誕日は無料(入館人数や時間の制限を行う場合があります)
※毎週土曜日は小中学生無料
※8月21日(金)県民の日は1割引
※15名以上の団体は各2割引
※本展招待券をお持ちのみなさま、招待券は会期終了の8月30日(日)までご利用いただけます
令和2年6月13日(土)~令和2年8月30日(日)

【 開催延期 2022年夏予定 】 あべ弘士の絵本と美術
―動物たちの魂の鼓動―

★新型コロナウイルス感染症の影響により、本年度の開催を中止しました。
2022年夏に開催予定です。

 

旭山動物園の飼育員として25年間勤務した経歴を持つ、絵本作家・あべ弘士(1948-)。動物たちに宿る野生の本能を見つめ共に生きた経験が、あべの描く物語に今も息づいています。
生まれ育った北海道の大自然や文化をテーマとした作品をはじめ、近年では北極や南米への取材旅行を精力的に行い、鮮やかな色彩で動物たちの命の物語を発表し続けています。
嵐の夜、暗闇の中でヤギと天敵であるオオカミが互いを誰か知らずに出会い、その正体を知った後も友情を育んでいく代表作『あらしのよるに』(文:木村裕一)をはじめ、人気の「ライオンの〇〇ないちにち」シリーズなど、今年創作活動31年目を迎えたあべの絵本原画を中心に、その足跡を紹介します。



入 館 料
令和2年9月5日(土)~令和2年10月25日(日)

掲載作品はすべて 朝日コレクション
画像提供:立命館大学アート・リサーチセンター

天才絵師・鰭崎英朋の美人画
―朝日コレクション 明治・大正の木版口絵より

鰭崎英朋(ひれざき えいほう)(1880~1968)は美人画で人気を博した画家です。東京に生まれ17歳で浮世絵師・右田年英(みぎた としひで)に入門、日本画を展覧会に発表しつつやがて挿絵画家としての名を確立しました。

英朋が本領を発揮したのは小説や文芸雑誌の巻頭を飾る口絵でした。英朋は物語のヒロインの感情を繊細に描き出して読者を魅了し、明治・大正期の文学界を彩りました。

このたび英朋の生誕140年を機に、明治・大正期の口絵約3,500点を誇る朝日コレクションより、木版多色摺の口絵を中心に約100点を厳選し、挿絵原画や下図、関連作品等とともに画業をたどります。また鏑木清方(かぶらき きよかた)をはじめとする同時代の画家の木版口絵約50点をあわせて紹介します。

木版口絵は、浮世絵版画の伝統に西洋絵画の感覚を取り入れた、鮮やかな配色と柔らかな陰影表現が見どころです。近代の彫(ほり)・摺師(すりし)が生み出した、精緻な美の世界をご堪能ください。

 



入 館 料 一般・大学生1,100円 小・中・高校生550円
※土曜日は小中学生無料
※9月21日(月・祝)敬老の日は65歳以上無料
※15名以上の団体は各2割引
令和2年10月31日(土)~令和2年12月20日(日)

はじまりのはなし
―佐野美術館の名刀コレクションを中心に―

★新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、事前に「ご来館のみなさまへのお願い」をご確認の上ご来館いただきますようお願いいたします。

最新の開館情報を当ホームページ、当館公式SNS(Twitter Facebook)にてご確認ください。

合金鉄(フェロアロイ)の生産を手掛ける実業家であった佐野隆一(さの りゅういち)(1889-1977)が美術品のコレクションをはじめたきっかけは、徳川将軍家に伝来していた刀剣を入手したことでした。鉄から造られた刀剣に興味を持ち、日本刀の全体像を理解しようと収集を始めました。次第にその興味は他のジャンルの美術品にも及び、三島ゆかりの白隠慧鶴(はくいん えかく)を初めとする書画、中国・朝鮮の陶磁器や金銅仏など東洋美術を中心とする佐野美術館コレクションの礎が築かれました。
本展では当館の刀剣コレクションを中心に、皆様にぜひご覧いただきたい約60件をご紹介します。

※「京都国立博物館の名刀」展は、新型コロナウイルス感染症の影響により本年度の開催を中止しました。

 



入 館 料 一般・大学生1,100円 小・中・高校生550円
※土曜日は小中学生無料
※15名以上の団体は各2割引
令和3年1月8日(金)~令和3年2月14日(日)

グリーティングカード(1970年代)より ©Osamu Harada

原田治 展 「かわいい」の発見

Osamu Harada: Finding "KAWAII"

★新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、事前に「ご来館のみなさまへのお願い」をご確認の上ご来館いただきますようお願いいたします。

―OSAMU GOODSよ永遠に―

1970年代後半から90年代にかけて、女子中高生を中心に爆発的な人気を博した「OSAMU GOODS(オサムグッズ)」の生みの親、原田治(1946-2016)。50-60年代のアメリカのコミックやTVアニメ、ポップアートなどから影響を受けたイラストレーション―とりわけ、簡潔な描線と爽やかな色彩で描かれたキャラクターたちは、その後の日本の“かわいい”文化に多大な影響を与えました。

没後初の全国巡回展となる本展では、イラストレーターとして活動するきっかけとなった、1970年代「an・an」の仕事をはじめとして、広告・出版・各種グッズなど多分野にわたる作品を中心に、幼少期~20代前半の初期資料や、エッセイ集『ぼくの美術帖』関連資料も交えて展示し、時代を超えて愛される、原田治の全貌に迫ります。



入 館 料 一般・大学生1,100円 小・中・高校生550円
※土曜日は小中学生無料
※15名以上の団体は各2割引
令和3年2月20日(土)~令和3年4月4日(日)

上/河鍋暁斎 千代紙〈牡丹〉明治時代 右/竹久夢二 木版画〈葡萄〉大正時代

千代紙 花鳥風月

―日本橋・和紙舗「はいばら」の聚玉文庫コレクションより

東京日本橋の老舗和紙舗・榛原(はいばら)。色鮮やかな千代紙は明治期の万国博覧会で高く評価されました。当代一流の画家にも下絵を依頼、伝統を生かしつつ新しい千代紙を創り出し、和紙文化の継承にも努めた榛原のコレクションから、千代紙や小間紙など約75点を展示します。



入 館 料 一般・大学生1,100円 小・中・高校生550円
※毎週土曜日は小中学生無料
※15名以上の団体は各2割引