展覧会の詳細

はじまりのはなし
―佐野美術館の名刀コレクションを中心に―

令和2年10月31日(土)~令和2年12月20日(日)

重要文化財 刀 無銘 正宗 鎌倉時代(14世紀) 佐野美術館蔵

★新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、事前に「ご来館のみなさまへのお願い」をご確認の上ご来館いただきますようお願いいたします。
★「京都国立博物館の名刀」展は、新型コロナウイルス感染症の影響により本年度の開催を中止しました。

 

合金鉄(フェロアロイ)の生産を手掛ける実業家であった佐野隆一(さの りゅういち)(1889-1977)が美術品のコレクションをはじめたきっかけは、徳川将軍家が所有していた刀剣を入手したことでした。鉄から造られた刀剣に興味を持ち、日本刀の全体像を理解しようと収集をはじめました。次第にその興味は他のジャンルの美術品にも及び、三島ゆかりの白隠慧鶴(はくいん えかく)をはじめとする書画、中国・朝鮮の陶磁器や金銅仏などの東洋美術を中心とする佐野美術館コレクションの礎が築かれました。
本展では佐野美術館のコレクションから、刀剣を中心に皆様にぜひご覧頂きたい約60件をご紹介します。

 

入 館 料 一般・大学生1,100円 小・中・高校生550円
※土曜日は小中学生無料
※15名以上の団体は各2割引
開館時間 10:00~17:00(入館の受付は16:30まで)
休 館 日 木曜日