次回の展覧会

アートはいつだってムシであふれている

虫尽くし展

平成29年9月9日(土)~平成29年11月5日(日)

花に舞う蝶(ちょう)、木陰の蝉(せみ)の音、稲田を渡る蜻蛉(とんぼ)―

日本人は虫の姿に季節の移ろいを感じてきました。また中国では虫の神秘な存在感が吉兆の徴(しるし)として尊ばれていました。

やがて日本は中国の思想に西洋の写生画法も取り入れて、虫をめぐる表現をより豊かなものとしていきました。

妖しくも美しい。そして多彩!古今のアートな虫たちが佐野美術館に集います。

【前期】9月9日(土)~10月4日(水)
【後期】10月6日(金)~11月5日(日)

※前期・後期で作品を一部入れ替えます。
※本展チケット(有料)半券のご提示で、会期中2回目以降の入館料2割引

入 館 料 一般・大学生1,000円 小・中・高校生500円
※毎週土曜日は小中学生無料
※9月18日(月・祝)敬老の日は65歳以上無料
※15名以上の団体は各2割引
※本展チケット(有料)半券のご提示で、会期中2回目以降の入館料2割引
開館時間 10:00~17:00(入館の受付は16:30まで)
休 館 日 木曜日
主  催 佐野美術館、三島市、三島市教育委員会
後  援 静岡県教育委員会
協  賛 伊豆箱根鉄道株式会社

主な出品作品

趙麒《蝦蟇仙人図》中国・明時代(16~17世紀)根津美術館蔵【後期展示】
木下長嘯子原作《十五番虫歌合》(部分)江戸時代初期(17世紀)西尾市岩瀬文庫蔵
《秋草虫尽文小サ刀拵 銘 明治元暦戊辰春待月/柳蛙子一則造之》明治元年(1868)
高瀬好山《自在 蟷螂》明治時代(19~20世紀)清水三年坂美術館蔵

展示会構成

1. 虫にせまる

重要文化財 呂敬甫《瓜虫図》中国・明時代(14~15世紀)
根津美術館蔵【前期展示】

2. 虫をデザインする

《秋草蝶蒔絵面箱》桃山時代(16~17世紀)大阪城天守閣蔵【後期展示】

3. 虫ものがたり

英一蝶《田原藤太秀郷》(部分)江戸時代中期(18世紀)
国際日本文化センター蔵【展示期間:9/9(土)~10/18(水)】

4. 虫にみせられて

辻輝子《万華鏡 蛾》平成8年(1996)佐野美術館蔵

同時展示

後藤家十四代揃金具(倶利伽羅文三所物)

刀にまつわる物語

9月9日(土)から12月23日(土・祝)まで、神代の時代、霊獣、仏の化身などの刀にまつわる物語とともに4件の作品を紹介します(11月6日~11月10日は展示替えのため休館)。

【出品作品】
・短刀 銘 神息
・太刀 銘 月山作(個人蔵)
・国宝 薙刀 銘 備前国長船住人長光造
・波に應龍紋(おうりゅうもん)蒔絵箱 後藤家揃金具より 倶利伽羅(くりから)文三所物

チケットについて

前売券販売所(9月8日まで):一般・大学生750円 小・中・高校生400円

■佐野美術館(9月7日まで)
■セブンイレブン/チケットぴあ各店(Pコード:768-496)

当日割引券発売所(展覧会会期中):各1割引

■伊豆箱根鉄道=駿豆線各駅(原木駅、牧之郷駅を除く)
■セブンイレブン/チケットぴあ各店(Pコード:768-496)

※各施設の休業日にご注意ください。