年間スケジュール(2016年度)

平成28年4月23日(土)~平成28年6月5日(日)

佐野美術館創立50周年・三島市制75周年 記念

銅版画家・浜口陽三
やわらかな闇の中で

浜口陽三(はまぐち ようぞう)は日本を代表する銅版画家です。さくらんぼやてんとう虫などの小さなモチーフが、やわらかな闇に包まれて、静かな時間を刻んでいます。
21歳のときに東京美術学校を中退しパリに渡りますが、第二次世界大戦の開戦を受け帰国。戦後、病気療養の為に静岡県の伊豆半島にある蓮台寺(れんだいじ)温泉に2年程滞在し、その飾らない人柄で地元の人々と親しく交流しました。
その後1953年に再びパリへ渡り、創造的な作品を生み出す技法としてのカラーメゾチントを完成させ、独自の世界を開拓しました。
本展では、近年生家より発見された尋常小学校時代のスケッチや、30代から40代にかけて様々な表現を模索していた頃の油彩画をはじめ、カラーメゾチントの代表作「さくらんぼと青い鉢」「22のさくらんぼ」など約70点でその画業を振り返ります。



入 館 料 一般・大学生1,000円 小・中・高校生500円
※毎週土曜日・5月5日(木・祝)小中学生無料
※15名以上の団体は各2割引
平成28年6月11日(土)~平成28年8月7日(日)

佐野美術館創立50周年・三島市制75周年 記念

日本近代洋画の巨匠 和田英作展
こころの情を描く

和田英作(わだ えいさく)(1874~1959)は、近代日本の絵画史上に大きな足跡を残した洋画家です。
和田は明治7年鹿児島県垂水(たるみず)村(現垂水市)に生まれ、明治27年に黒田清輝(くろだ せいき)の画塾に入門、東京美術学校(現東京藝術大学)を卒業しました。フランス留学から帰国後、東京美術学校教授(のち校長)に就任、多くの後進を育て、昭和18年(1943)に文化勲章を受章しました。

和田は多くの公務を担いながらも、制作にかける時間を大事にしました。ものの質感やモデルの生き方をも伝える描写力と、自然の光や影の移ろいをとらえる繊細な感覚を発揮して、数々の名作を生み出しました。

和田がとくに心惹かれた題材は富士山でした。昭和26年(1951)より静岡県清水(しみず)市(現静岡市清水区)三保に移住、84歳でこの世を去るまで、日々刻々と変化する富士山を描き続けました。

このたびゆかりの静岡の地において、修業期から最晩年までの代表作約80点による回顧展を開催します。教育者と画家の双方から、日本洋画の礎造りに尽力した和田の70年に及ぶ画業をたどります。



入 館 料 一般・大学生1,000円 小・中・高校生500円
※8月1日(月)は入館無料(創立者・佐野隆一翁生誕日)
※毎週土曜日小中学生無料
※15名以上の団体は各2割引
平成28年8月13日(土)~平成28年9月22日(木)

佐野美術館創立50周年・三島市制75周年 記念

杉山明博 造形の世界

―アートでZOO・あかりの造形・日本人のこころとかたち

触れると優しく温かく、時に強靭であり、また柔らかくもある、多彩な表情をもつ「木」。たくさんある木の中からそれぞれの特色を読み取り、様々な造形を試みる作家、杉山明博の世界を紹介します。

長く学びと創造の研究に携わってきた杉山は、実際に手でかたちに触れて造ることの中から形成される、デザインの発想や創造性により作品を造り続けてきました。その中には、日常慣れ親しんだ「あかり」の造形や、日本美をあらわした「つなぎ」「くずし」といった型の造形化など、意味をかたちにしたものが少なくありません。また、鳥や動物など親しみやすいかたちの中にも、あっと驚くような仕掛けがたくさんあり、次々展開される杉山ワールドに大人も子どもも引き込まれていくことでしょう。

3部構成でおくる楽しくも不思議な造形世界。作者に紹介していただきましょう!



入 館 料 一般・大学生1,000円 小・中・高校生500円
※9月19日(月・祝)敬老の日は65歳以上無料
※毎週土曜日は小中学生無料
※15名以上の団体は各2割引
※8月21日(日)は1割引(県民の日)
平成28年10月1日(土)~平成28年11月6日(日)

横山大観《霊峰飛鶴》昭和28年(1953)
公益財団法人横山大観記念館蔵
[展示期間:10/1(土)~19(水)]
佐野美術館創立50周年・三島市制75周年 記念

横山大観 大気を描く

横山大観(よこやま たいかん)(1868-1958)は東京美術学校で岡倉天心(おかくら てんしん)の教えを受け、院展を中心に東洋の古典や富士山などを題材とした気概あふれる作品を発表、明治、大正、昭和の画壇を先導しました。ゆかりの伊豆で名品約70点により、日本の心を描き続けた生涯をたどります。



入 館 料 一般・大学生1,000円 小・中・高校生500円
※毎週土曜日小中学生無料
※15名以上の団体は各2割引
平成28年11月12日(土)~平成29年2月19日(日)

《国宝 太刀 銘 一》鎌倉時代 個人蔵
佐野美術館創立50周年・三島市制75周年 記念

名刀は語る 磨きの文化

名刀は、時代の美意識や社会情勢、戦いの記憶などを雄弁に語りかけます。また鍛刀されてから今に至る数百年の間、多くの人の手に渡り多くの物語を生みました。「磨く」ことで輝きを得る刀剣、名刀を持つことでそれにふさわしい己になるべく自己を「磨く」人。磨きの文化を通し、名刀の声に耳を傾けてみましょう。



入 館 料 一般・大学生1,000円 小・中・高校生500円
※毎週土曜日小中学生無料
※15名以上の団体は各2割引
平成29年2月25日(土)~平成29年4月2日(日)

伝原舟月《古今雛》江戸時代 佐野美術館蔵
佐野美術館創立50周年・三島市制75周年 記念

佐野美術館のおひなさま

江戸の名工原舟月(はら しゅうげつ)作と伝えられる古今雛、細緻な技から生まれた極小の雛道具、御所を忠実に模した豪華な御殿飾り。佐野美術館所蔵・寄託の雛人形と、合わせて日本の古人形を一堂に展示します。うららかな春の一日をお楽しみください。



入 館 料 一般・大学生1,000円 小・中・高校生500円
※毎週土曜日小中学生無料
※15名以上の団体は各2割引