年間スケジュール(2018年度)

平成30年4月7日(土)~平成30年5月20日(日)

鏨の華 ―光村コレクションの刀装具―

刀装具とは、刀剣外装「拵」(こしらえ)の金具です。江戸時代以降に装飾性が増し、驚くほどきらびやかで細密な作品がつくられました。

神戸に生まれた光村利藻(みつむら としも)[号 龍獅堂(りゅうしどう)]は刀装具の名品を集めた『鏨廼花(たがねのはな)』を刊行した明治時代の実業家です。港から海外にむけ大量に持ち出される刀装具を目にし、自らの資財をつぎ込み一大コレクションを築く一方で、断絶の危機にあった装剣金工の技術の継承にも心を配りました。単に作品の美を称えるためだけではない光村の幅広い活動により、刀装具への理解が深められました。

本展覧会では、現在根津美術館が所蔵する光村コレクションの刀装具を中心に、光村が魅せられた掌上の金属美をご紹介します。

※会期中一部展示替えがあります。



入 館 料 一般・大学生1,000円 小・中・高校生500円
※毎週土曜日、5月5日(土・祝)は小中学生無料
※15名以上の団体は各2割引
※本展チケット(有料)半券のご提示で、会期中2回目以降の入館料2割引
平成30年5月26日(土)~平成30年7月1日(日)

白隠禅師250年遠諱記念展
駿河の白隠さん

白隠慧鶴(はくいん えかく)禅師(1685~1768)は江戸時代中期に活躍した臨済宗の傑僧です。

貞享(じょうきょう)2年駿河(するが)国原宿(現静岡県沼津市原)に生まれ、15歳のとき原の松蔭寺にて出家、慧鶴と名のりました。信州の道鏡慧端(どうきょう えたん)に参禅、真の悟りを得て帰郷後、34歳で松蔭寺の住職に就き、白隠と号しました。晩年は三島・龍澤寺の開山となり、明和(めいわ)5年84歳に示寂(じじゃく)しました。

白隠は坐禅のみならず、日々の一切の行いが修行であり悟りの道であるとして、諸国を巡って精力的に講義を行い、禅僧を厳しく導きました。また在家のために絵や書をあらわし、禅のこころをやさしく伝えました。その内容は高僧の語録集や公案に関する著作本をはじめ、達磨や釈迦、観音などの禅画、墨蹟、天神や七福神の民間信仰の神々、昔語りや流行歌まで、実に幅広く表現は独創的であり、生涯、膨大な数の書画を制作し続けました。

本展は白隠禅師250年の御遠諱(ごおんき)を記念し、静岡県内の寺院や個人所蔵およびゆかりの書画を中心とした約90点の名品を主題ごとに展示いたします。

ときに眼光鋭く叱咤し、ときに微笑をたたえ慈愛で諭す。強烈かつ懐中に深く入る白隠のメッセージは、時代を超えて現代の人々の心に響きます。当館では32年ぶりとなる白隠展です。この機会に是非ご覧下さい。

※会期中一部展示替えがあります。

【白隠展割引】
静岡市美術館で開催の「駿河の白隠さん」展(平成30年2月10日~3月25日)チケット半券のご提示で会期中入館料2割引(当日券のみ、他のサービスとの併用はできません)になります。
さのびのみの展示作品も25点。両館の展示をお楽しみください。

静岡市美術館「駿河の白隠さん」(外部リンク・別ウィンドウで開きます)
静岡市葵区紺屋町17-1葵タワー3F Tel:054-273-1515

 



入 館 料 一般・大学生1,000円  小・中・高校生500円
※毎週土曜日は小中学生無料
※15名以上の団体は各2割引
※本展チケット(有料)半券のご提示で、会期中2回目以降の入館料2割引
平成30年7月7日(土)~平成30年9月2日(日)

沼津市・静岡県(ネコ)/ンゴロンゴロ自然保護区・タンザニア(ライオン) ©Mitsuaki Iwago

岩合光昭写真展「ネコライオン」

動物写真家・岩合光昭(いわごう みつあき)(1950-)がライフワークとして撮り続けるのは、人間の生活に溶け込むように暮らすネコと、人とは無縁の野生に生きるライオン。似ているようで似ていない、似ていないようで似ている、摩訶不思議な彼らの世界を体感してください。



入 館 料 一般・大学生1,000円 小・中・高校生500円
※毎週土曜日は小中学生無料
※15名以上の団体は各2割引
平成30年9月8日(土)~平成30年10月14日(日)

歌川広重《東海道五十三次之内(保永堂版)三島 朝霧》
天保4年(1833)頃 和泉市久保惣記念美術館蔵

江戸にあそび、街道をゆく
―北斎・広重競べ―

和泉市久保惣記念美術館の浮世絵版画コレクションより

東洋古美術の名品をはじめとする1万余点を収蔵する同館。本展は同館外で初の浮世絵版画展となります。葛飾北斎(かつしか ほくさい)「冨嶽三十六景」や歌川広重(うたがわ ひろしげ)「東海道五十三次」などの風景画を中心に約150点を展示、江戸時代の東海道の旅を追体験しつつ名作の数々をお愉しみください。



入 館 料 一般・大学生1,000円 小・中・高校生500円
※毎週土曜日は小中学生無料
※15名以上の団体は各2割引
平成30年10月20日(土)~平成30年12月24日(月)

『じてんしゃにのるひとまねこざる』表紙 ラフ・スケッチ
Curious George and related characters, created by Margret and H.A. Rey are copyrighted and registered by Houghton Mifflin Harcourt Publishing Company and used under license. Licensed by Universal Studios Licensing LLC. All rights reserved. /南ミシシッピ大学所蔵

おさるのジョージ展
「ひとまねこざる」からアニメーションまで

好奇心旺盛で冒険好きなおさるのジョージの絵本は、今から80年近く前にアメリカで誕生し、日本では「ひとまねこざる」として現在まで親しまれています。世界中の人々に愛されてきたジョージの貴重な絵本原画やアニメーション原画を日本初公開します。



入 館 料 一般・大学生1,000円 小・中・高校生500円
※毎週土曜日は小中学生無料
※15名以上の団体は各2割引
平成31年1月7日(月)~平成31年2月24日(日)

脇指 無銘 貞宗〈名物 獅子貞宗〉鎌倉~南北朝時代(14世紀)個人蔵 【安土桃山時代に再刃】 

REBORN 蘇る名刀

天災や戦乱によって火災にあい、一度は焼けただれ鉄の塊となった名刀が、焼き直しという手法によってふたたび命を吹き込まれ、今に伝えられてきました。それぞれの刀とその物語を紹介します。



入 館 料 一般・大学生1,000円 小・中・高校生500円
※毎週土曜日は小中学生無料
※15名以上の団体は各2割引
平成31年3月2日(土)~平成31年4月7日(日)

《享保雛》江戸時代後期 個人蔵

佐野美術館のおひなさま

佐野美術館所蔵・寄託の雛人形から、江戸の名工原舟月(はら しゅうげつ)作と伝えられる古今雛、細緻な技から生まれた極小の雛道具、御所を忠実に模した豪華な御殿飾りなどを展示、優雅で華麗な雛の世界を紹介します。



入 館 料 一般・大学生1,000円 小・中・高校生500円
※毎週土曜日は小中学生無料
※15名以上の団体は各2割引