展覧会の詳細

江戸にあそび、街道をゆく
―北斎・広重競べ―

和泉市久保惣記念美術館の浮世絵版画コレクションより
平成30年9月8日(土)~平成30年10月14日(日)

葛飾北斎(かつしか ほくさい)(1760~1849)と歌川広重(うたがわ ひろしげ)(1797~1858)は江戸後期に活躍した、世界に広く知られる浮世絵師ですが、ともに風景画の分野で人気となりました。

江戸時代は街道や宿場が整備され、人や物が盛んに行き交いました。やがて社寺参詣を目的としながら物見遊山をする人々が増え、旅の心得や地図、名所案内などが出版されました。北斎や広重の風景画はこのような機運のなか登場したのです。
北斎は大胆な構図で様々な角度から望む富士の雄姿をとらえ、広重は繊細な感性で季節のうつろいを叙情豊かに描きました。これまでにない彩りと変化に富んだ表現は、人々の旅情を掻き立て、様々な富士や東海道のシリーズが生まれました。

本展は大阪・和泉市久保惣記念美術館所蔵の6,000点を超える浮世絵版画から厳選した約150点を紹介いたします。北斎や広重の代表作などから東海道をたどる展示を行います。ときに江戸時代の旅人となって、街道の美しい風景や珍しい風物をお愉しみ下さい。

入 館 料 一般・大学生1,000円 小・中・高校生500円
※毎週土曜日は小中学生無料
※9月17日(月・祝)敬老の日は65歳以上無料
※15名以上の団体は各2割引
開館時間 10:00~17:00(入館の受付は16:30まで)
休 館 日 木曜日
主  催 佐野美術館、三島市、三島市教育委員会、静岡新聞社・静岡放送
後  援 静岡県教育委員会
協  賛 伊豆箱根鉄道株式会社
協  力 和泉市久保惣記念美術館

展示会構成

1章 江戸にあそぶ―①人気浮世絵師が描いた江戸名物

1章 江戸にあそぶ―②広重が描いた江戸名所

2章 東海道をゆく・北斎広重の競演―①江戸から箱根まで

2章 東海道をゆく・北斎広重の競演―②三島から京まで

3章 富士をゆく

同時展示

国宝 太刀 銘 一 鎌倉時代 個人蔵

常設展示室「日本刀 浮世絵とともに」

浮世絵に描かれた人気の武将と、それにまつわる刀剣をおたのしみください。

【出品作品】
・月岡芳年《月百姿》 大判錦絵 明治18~25年(1885~1892) 個人蔵
・太刀 銘 景則 個人蔵
・国宝 太刀 銘 一 個人蔵
・重要美術品 脇指 銘 相模国住人広光/康安二年十月日〈号 火車切〉 佐野美術館蔵
・黒呂色塗大小拵 佐野美術館蔵