展覧会の詳細

上杉家の名刀と三十五腰

平成30年1月7日(日)~平成30年2月18日(日)

鎌倉時代以来の上杉家秘蔵の名刀が一堂に会す、初の展覧会です。
戦国の雄 上杉謙信(けんしん)が、御堂参詣の際に腰にした短刀や、天皇や将軍から贈与をうけた刀剣の数々。その跡を継いだ景勝(かげかつ)が、秀吉から厚い信任の証しとして賜った鑓(やり)。逼迫する米沢藩の財政を立て直した鷹山(ようざん)の愛刀。
名門貴族藤原氏から興った上杉家の、約800年に渡る歩みを物語る歴史資料や美術品が脇を固めます。今までほとんど人の目に触れることのなかった名刀の数々を、この機会にぜひご覧ください。

※会期中一部展示替えがあります。

主な出品作品
■重要文化財 長巻 無銘 片山一文字 附 黒漆長巻柄 鎌倉時代 上杉神社蔵【展示期間:1月26日(金)~2月18日(日)】
■刀 無銘 郷義弘 〈穿鑿郷〉 鎌倉時代 個人蔵
■重要文化財 大太刀 銘 備前国□□(倫光)/興国二年□□ 南北朝時代(1341) 上杉神社蔵【展示期間:1月7日(日)~1月24日(水)】
■重要文化財 太刀 銘 備前国長船兼光/延文亖年十二月日 南北朝時代(1359) 東京国立博物館蔵
■太刀 銘 備州長船兼光/延文五年六月日 〈三日月兼光〉 南北朝時代(1360) 個人蔵
■重要文化財 鑓 銘 城州埋忠作/文禄二年十二月日 桃山時代(1593) 上杉神社蔵
■国宝 上杉謙信願文 元亀3年(1572)6月15日 米沢市上杉博物館蔵【展示期間:1月26日(金)~2月18日(日)】
■刀剣台帳 「甲簿 弐 刀剣之部」 近代 佐久市教育委員会蔵
等 国宝7件、重要文化財8件を含む約60点を展示

入 館 料 一般・大学生1,000円 小・中・高校生500円
※毎週土曜日は小中学生無料。
※15名以上の団体は各2割引。
※本展チケット(有料)半券のご提示で、会期中2回目以降の入館料2割引。
開館時間 10:00~17:00(入館の受付は16:30まで)
休 館 日 木曜日
主  催 佐野美術館、文化庁、三島市、三島市教育委員会
後  援 静岡県教育委員会
助  成 三島信用金庫
協  賛 伊豆箱根鉄道株式会社

展示会構成

プロローグ―上杉家の名刀の成り立ち

第一章 謙信時代の名刀

第二章 景勝時代の名刀

第三章 歴代藩主の刀剣

エピローグ―未来へ

同時展示

特別展示 ― 名物 不動行光 ―

1月7日(日)~2月18日(日)まで、短刀 銘 行光〈名物 不動行光〉を展示。