展覧会の詳細

アートはいつだってムシであふれている

虫尽くし展

平成29年9月9日(土)~平成29年11月5日(日)

花に舞う蝶(ちょう)、木陰の蝉(せみ)の音、稲田を渡る蜻蛉(とんぼ)―

日本人は虫の姿に季節の移ろいを感じてきました。また中国では虫の神秘な存在感が吉兆の徴(しるし)として尊ばれていました。

やがて日本は中国の思想に西洋の写生画法も取り入れて、虫をめぐる表現をより豊かなものとしていきました。

妖しくも美しい。そして多彩!古今のアートな虫たちが佐野美術館に集います。

【前期】9月9日(土)~10月4日(水)
【後期】10月6日(金)~11月5日(日)

※前期・後期で作品を一部入れ替えます。
※本展チケット(有料)半券のご提示で、会期中2回目以降の入館料2割引

入 館 料 一般・大学生1,000円 小・中・高校生500円
※毎週土曜日は小中学生無料
※9月18日(月・祝)敬老の日は65歳以上無料
※15名以上の団体は各2割引
※本展チケット(有料)半券のご提示で、会期中2回目以降の入館料2割引
開館時間 10:00~17:00(入館の受付は16:30まで)
休 館 日 木曜日
主  催 佐野美術館、三島市、三島市教育委員会
後  援 静岡県教育委員会
協  賛 伊豆箱根鉄道株式会社

展示会構成

1. 虫にせまる

虫を描いた絵は古く中国から日本へ伝わりました。日本人は中国の吉祥画としての要素も含みつつ、自然の変化に富んだ風土の中で、季節を感じさせる情景として虫を表現するようになりました。江戸時代の半ば頃には、中国・清からもたらされた写実画が流行し、また虫を観察し正確に記録する虫類図譜の制作が盛んになるなど、虫の表現は多様となりました。

2. 虫をデザインする

日本の豊かな自然はしばしば工芸意匠のよきモチーフとなりました。花咲き乱れる野に遊ぶチョウ、水辺を颯爽と飛び交うトンボ、草むらの蔭で鳴くコオロギやスズムシ…。とりわけ季節を感じさせるものは好まれ、傍らに置いて愛で、日本人のくらしや装いを彩ってきました。ここにはとくに多く用いられたチョウやトンボ、秋草と虫の意匠を取り上げました。

3. 虫ものがたり

「虫愛づる姫君」の中で姫君が公達と虫を題材にした和歌を詠み交わす場面があります。平安時代に貴族の間で歌の優劣を競う「歌合」が流行しましたが、「虫歌合」は人ではなく虫を詠み手にしたもの、洒落が利いています。また勇猛な男が大きな虫を退治する伝説が各地に残されますが、実は敵対勢力の鎮圧や、自然資源に関わる出来事を虫に仮託している、という一説が唱えられることも。味わい深く、奥深い虫の物語です。

4. 虫にみせられて

虫の繊細で色鮮やかな姿は、芸術家にとって尽きることのない創造の源です。花鳥画を生涯の画題とした日本画家・井上恒也(1895~1979)、女流陶芸家の草分けとして活躍の辻輝子(1920生)、「ORIGAMI」の世界的な普及に尽力した折り紙作家・吉澤章(1911~2005)。当館で展覧会を開催したゆかりの作家3名による、虫アートの共演です。

同時展示

常設展示室/刀にまつわる物語

9月9日(土)から12月23日(土・祝)まで、神代の時代、霊獣、仏の化身などの刀にまつわる物語とともに4件の作品を紹介します。

【出品作品】
・短刀 銘 神息
・太刀 銘 月山作(個人蔵)
・国宝 薙刀 銘 備前国長船住人長光造
・波に應龍紋(おうりゅうもん)蒔絵箱 後藤家揃金具より 倶利伽羅(くりから)文三所物