展覧会の詳細

春を彩る 佐野美術館のおひなさま

平成30年2月24日(土)~平成30年4月1日(日)

明るい春の到来を告げる雛祭り。旧暦3月はじめに行われた上巳の節供は、季節の変わり目の禊の風習と少女たちの野遊びが結びついたもので、江戸時代には豪華な人形や蒔絵の雛道具を飾るようになりました。雛飾りの中心である内裏雛は、瓜実顔に豪奢な衣裳の享保雛、今の雛人形の原型となった古今雛など、その時々の流行を反映した様々なかたちが生まれました。

本展では、佐野美術館所蔵・寄託の雛から、享保雛、古今雛の他、上方発祥の御殿飾りや、芥子雛段飾り、八丁堀の名物といわれた仁杉家旧蔵極小雛飾りなど、意趣に富んだ雛の数々を展示します。あわせて御所人形や嵯峨人形など日本の古人形の魅力もご紹介します。佐野美術館で春を彩る人形たちの宴をお楽しみください。

入 館 料 一般・大学生1,000円 小・中・高校生500円
※毎週土曜日は小中学生無料
※15名以上の団体は各2割引
開館時間 10:00~17:00(入館の受付は16:30まで)
休 館 日 木曜日
主  催 佐野美術館、三島市、三島市教育委員会
後  援 静岡県教育委員会
協  賛 伊豆箱根鉄道株式会社

主な出品作品

享保雛 江戸時代 個人蔵
芥子雛 明治時代 個人蔵
御殿飾り 大正14年(1925) 佐野美術館蔵
仁杉家旧蔵雛飾り 雅楽器 江戸時代 佐野美術館蔵

同時展示

左/朱漆湯桶 室町時代 個人蔵  右/野口園生 花冷え 昭和51年(1976) 佐野美術館蔵

ひとがたに心をこめて―伝統工芸人形作家による/漆芸の美―矢部コレクションより

チケットについて

前売券販売所(2月23日まで):一般・大学生750円 小・中・高校生400円

■佐野美術館(2月22日まで)
■セブンイレブン/チケットぴあ各店(Pコード:768-800)

当日割引券発売所(展覧会会期中):各1割引

■伊豆箱根鉄道=駿豆線各駅(原木駅、牧之郷駅を除く)
■セブンイレブン/チケットぴあ各店(Pコード:768-800)

※各施設の休業日にご注意ください。